スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年05月24日

BBQ@塩竃

今度ね、6/11にBBQ@七北田公園やるんですよface02
「来月BBQすっぺし~」と盛り上がってたら
「いや、まず明後日やる?」と先日突然決まって
突然BBQしてきやした

まずはここ





塩竃仲卸市場face10
おんちゃんといっしょにicon22

材料買いに、わざわざ市場って本格的
というのも今回のBBQ会場が、市場とスープの冷めない距離だった

だから



まぐろの兜焼きをしてみた拍手
1回目はかつおのたたき、2回目はトムヤンクン風芋煮に続く
伝説のBBQ食材である

今回のBBQ準備は楽だったw

なにせ炭に着火するのも大変だけど今回は、



BBQ部長が自分ちのバーナーで、あっというのまのチャッカマンだった
さすが部長だけあって、BBQの進行は完璧icon12
その手際の良さを見ていると、BBQで竹を割って自家製の流しそうめんをしたと
いう伝説もうなづける




復興応援で市場ではりきって買い物したおかげで
網の上は魚系が多い

このサバ一匹は三陸産(以前獲った冷凍ものだけど)で
今からBBQですう、というと
んで3枚に卸して塩振ってけっから!と、市場のおばちゃんも
なれたものだったOK

ゴハンが欲しくなったが、かわりにビールを山ほど買ってたので
五月晴れの下、心行くまで魚の割合が多いBBQを楽しみました晴れ





港が近いので、かもめさんたちが集まってきた
かもめにカッパエビセンをやる感覚で餌付けを楽しんでたら
いつの間にか四方を囲まれ、ちょっとびびったface02icon10




来月は七北田公園だけど、暇な人来てねicon06












  


Posted by ナカユミ at 16:05Comments(2)タイ友

2011年05月23日

サバイ再オープン&タイフェス中止

サバイが再オープンしましたよ!
3月の震災間もなく渡タイして、サワニーさん一家は
ご実家のウドンタニーでスローライフを楽しんできた様子

先週くらいから再オープン
久々食べたサバイゴハンは美味しかったわあface05



スキヘーンという料理らしい
初めて食べたが、アロイでした
いまだに制覇できてない、メニューがあるのが嬉しいわface10

それでウドンタニーのご実家に集う
サワニーさんご親戚一同の写真を旦那さんから丁寧な説明で伺いつつ、
今後のタイフェスの予定なども話したが、とりあえず中止ということでface03

まあ、震災もあったし、タイフェスとなると他との絡みもでてくるし
今回はまあ、いいんじゃなの?ということになりました

そのかわり来月には「サバイ3周年イベント」がありますので
そちらにご参加くださいませねクラッカー
また将来的にタイ人に限らない、在仙の各国外国人でやる「国際交流フェス」みたいなのが
いいんじゃないか、と新たな野望に燃える(笑)サワニーさんでもありました

またサバイに遊びに来てくださいね~~

ちなみに飲みが28日にありまっす
今回も10人以上の参加らしく、楽しみですなface02



  


Posted by ナカユミ at 16:50Comments(0)仙台

2011年05月17日

和な復興チャリティイベント

今日はふらっと更新日
http://flat.kahoku.co.jp/u/nakayumi/
今週の内容は7月イベントのご案内でつ!
実はこの前言ってた浴衣イベントがどんどんバージョンアップ
してまいりました
ホント改めて素晴らしい皆さまに囲まれているのね・・とホロリ涙


*******


もういちど、日本

っていうのはNHKの番組なんだけど。

「我々の足下に眠っている自国の文化を再発見」
「もういちど、日本に恋してみませんか?」

っていう番組のコピーに、大いに頷く。
今年7月にやろうと思ってる復興イベントで伝えたいことに
似てるから。

震災なければ気がつくこともなかったかもしれない
「自国の気質の再発見」。
我々日本人が自分のことはさておいて、他人を思い
耐え忍び、尊重しあう日本人の気質は、全世界で絶賛されて
あらためて戸惑ったりして。

あの敵対されてた中国メディアからも
「我々は日本人を誤解してたかもしれない」と言わしめた。

私たち日本人は強くて優しいということに、改めて気づく。
だからこれからも困難は続くだろうケド、
きっと助け合ってよりよい国にしていけるはず、
ということを改めて実感したい。


そんな自分の「日本人」を呼び戻すきっかけに、
浴衣を着て、三味線の音に耳を澄ませてみるのはどうだろうか。

7/23(土)
文化横丁、いろは横丁あたりで和文化イベントやります。
浴衣や着物を着て、横丁で三味線やお琴の響きで
和な時間を堪能しませんか?
浴衣着付けクラス併設@500円
気軽な三味線、お琴らいぶ@500円
*浴衣のない方は格安でその場で販売を予定してます。

些細な日常がなにより大事、ということに気がつくために、
震災という代償は大きすぎたけど
だからこそその日常を1日づつ大事にいとおしく、過ごしていくために。
気恥ずかしかった、興味がなかった、面倒くさかった、敷居が高かった
いろんな理由はあったかもしれないけど
もう一度日本の文化を見直してみるのも、いいんじゃなかろうか。
そして自分の「日本人」にあらためて気づいて、
もういちど自分の「日本人」に恋してほしい。







  


Posted by ナカユミ at 11:06Comments(2)仙台

2011年05月09日

パクチーの種を植えるなら今だ!

パクチーは秋蒔きと春蒔きがあり
秋蒔きの方がオススメですよOKといってきた

しかし秋から大事に育ててきたパクちゃんのプランターは
この前の地震、3月と4月ので壊れちゃったり
中身がすっかり出ちゃったりして、鉢には戻したもののかわいそうな状態涙

そこで大活躍だったのが3月に室内蒔きしてたパクちゃんだ
私的には室内蒔きというのは邪道で
今回はメインのベビーリーフのおまけといった感じなのだが
これがまたよく育ったicon06

当初「みつぱ」程度の心細さだったのが
やはり「せり」科らしく、茎も太く食べ応えがある感じに

おかげで今年はちょっと早いんだけど
毎年恒例の「パクちゃんわんこそば状況」に到達した
*パクチー取り放題、食べ放題の意

こうなると手当たり次第、料理にいれる
これは「冷蔵庫あったものスパ」だが、頂上にパク様が盛られると
私的にテンションが上がる





でもね~
そのうちさすがに飽きてくるのも毎年恒例(笑)
食べ続けても減るどころか増えるからface17

こんなパクちゃんわんこそば状態を味わいたいなら
今すぐ植えよう双葉

種が欲しい方には頒布しますface02
そのうちパクちゃん収穫祭でもするかな
パク好きな人、暇な人は食べにきてくださいキラキラ






  


Posted by ナカユミ at 16:06Comments(6)タイ

2011年05月06日

本気で泣く

明日死ぬなんて誰も思ってなかった。
今日で終わりだなんて、誰も思ってなかった。
自分のカウントダウンが始まったら、一体誰と一緒にいたいのか、それも想像しておくとパニックにならないかもしれない。
そして、その想像の先にいる人に「大好き」と言っておくことが後悔の分岐行動だと思います。
ある避難所のお母さんが言っていた。
家とご主人を失った彼女は、
「地震の日の朝、ケンカをして主人はそのまま死んだ。」
と泣いてた。
家や車への後悔や、生活への備えに対する後悔よりも、
「愛してる」
ということを知っておいて欲しかったと泣いてた。
→どうせ地球のチリだからな。http://blog.goo.ne.jp/cheapdustより


皆さんもブログパトロールされてることと思いますが
(この駄文ブログもパトロールして頂き恐悦至極ですicon12
私が最近読ませてもらってるのはコレ

→どうせ地球のチリだからな。http://blog.goo.ne.jp/cheapdust


会社で読んでても泣いてしまうicon11←見つかったときは「今年の花粉症は長いですね」で切り返す
もともと私涙もろいんです
「ぽちたま」で動物感動ストーリーや、「はじめてのおつかい」でも
泣いちゃう人なんで、このブログを読むときは心してかかるんだけど

それでも本気で泣く


平さんは仙台在住で、震災で大事な人を失いながらも
震災直後からガソリンや食料品を日本海側から買い付けて
大きいところはもちろん、小さい被災者集落にも必要なものを運んでいた人
今ならまだ分かるけど、3/11から1週間
全ての機能がストップして、余震と原発、そして情報も閉ざされてた
あの直後から直ちに行動してたのは絶対スゴイ

3月の平さんの「いま必要な救援物資」という記事で
「ゴム手袋」があげられていた

~転載
軍手も大事ですが、復興・復旧に進む前に、絶望はしつつも懸命に家族を探している人達がワンサカおります。
泥やヘドロを進み、手で遺体を上げます。
目的とは違っても、見つけてしまった順番に彼等は手で救い上げています。
ゴム手袋が必要です。


衝撃だった
被災地に向かうということはこういうことかと痛感した
3月の話だったのでまだ情報がなく、被災地にボランティアに行くということは
こういうリスクも踏まえてかと身震いしたんですが

今は大丈夫らしい
というか、どうやら実際行政が募集して派遣するボランティアというのは
そういうリスクが完全にない場所を選んでいるようだ
これからボランティアを・・と考えてる方はご心配なさらず

この平さんたちは、完全に行政を離れ、個人支援をしているので
こういう場に居合わせることもあるんだろう
そして震災直後の現地って・・
そういうことだったんだろう


とにかく
ヒーローっていたんだなあって思う
漢だなあって思う

泥かきスコップ団を結成されているが、まさかこのブログを見て
そのスコップ団に入ってくれる人がいたら、その人もまさしく
漢だ!と思う


遡って読まれる方はハンカチの用意を
誰かに見つかっても「花粉症がひどくて」は有効ですよ



  


Posted by ナカユミ at 17:48Comments(4)仙台